自己破産 気になる弁護士費用

自己破産 弁護士費用

当ホームページは、借金返済における最終手段とも言える自己破産について考えてみました。

私が知っている限り、自己破産しなくてもすむの人の多くが、自己破産を考えています。

自己破産は、財産や信用を全て失いますので、自己破産をしなくても借金返済が実現できる方法を紹介します。

また、自己破産だけでなく、借金整理にかかる弁護費用も紹介します。

自己破産をすると財産は全てなくなるのか

自己破産とは複数の貸金業者などから多くの借り入れを行って、その債務を支払うことができなくなった場合に裁判所に認めてもらうことで、法律的に処理を行うことを言います。
自己破産のルールとしましては、20万円を超える財産は原則的に処分されることになります。
現金による財産の場合は99万円を超える金額について処分されることになり、生活に必要な財産については一定の場合維持することができるものもありますが、生活に不可欠な家具など以外は処分されることになります。
また、消費者金融業者が共有している個人の信用情報機関に登録されることになりますので、クレジットカードなどは5年から7年程度作れなくなりますので、その点のデメリットも把握しておいたほうが良いでしょう。
戸籍や住民票に記載されることはありませんが、職業的に資格を制限されるものもありますので、国家資格を持って仕事を行っている場合は資格が停止されることになりますので注意しましょう。

自己破産の免責と相談の必要性

自己破産とは貸金業者から多額のお金を借り入れた場合に、所有している財産が足りないために支払い時期が来ても返済することができず、継続的に借金を支払えない状態に陥った場合に裁判所に認めてもらうことで、法律的に借金の支払いを免責する手続きを行う制度のことです。
免責とは借金を帳消しにする法律的な手続きですので、裁判所に免責が認められることによってその後は支払いをしなくて良くなります。
自己破産の手続きを行うことで、貸金業者から自宅や職場に対して連絡が来ることをやめさせることが可能となり、毎月借金の返済に困る必要がなくなります。
このことによって毎月得た収入を自分の生活のために使うことができるようになり、通常の日常生活を取り戻すことが可能となるので、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することが大変重要と言えるでしょう。
法律の専門家に依頼することで代理人として裁判所や貸金業者と交渉をしてくれますので、精神的に楽に借金問題について処理を行えますので安心です。



債務整理のシュミレーション

まずは、債務状況をシミュレーターで確認。
自己破産する必要がない場合もあります!
債務整理のシュミレーション


自己破産に費用はかかる?
自己破産は借金問題を解決させるための最終手段となります。しかしいくら法的に認められた債務整理の手段といえども、申請には手数料などの費用が発生するほか、弁護士や司法書士に依頼すれば報酬も支払わなければいけません。そもそも自己破産を検討しているということは、借金で生活の維持が困難になっている状況に陥っているはず。ですから自己破産に必要な費用についても事前にしっかりと把握しておくことが大切です。
自己破産をするためには裁判所に対して申し立てる必要があります。申し立てる際には収入印紙代や予納郵券代といった手数料のほか、事前に裁判所に納める予納金が必要です。予納金は債務者に財産が無い同時廃止になるか、管財人が選任される管財事件になるかで異なります。管財事件になれば予納金の額はかなり大きくなってしまいます。同時廃止であれば予納金の額は1万円から3万円程度ですが、管財事件となると最低でも50万円の予納金が必要です。
借金返済@借金返済の悩みQ&A:借金問題・借金返済

さらに弁護士や司法書士に依頼した場合は報酬の支払いも必要です。費用は各事務所によって異なりますが、一般的に弁護士であれば20万円から40万円、司法書士の場合は15万円から30万円が相場だとされています。なおこれらの費用のねん出が厳しい場合は法テラスを利用するという方法もあります。法テラスは司法制度改革のもとに設立された機関ですが、法律の無料相談もおこなっており、この法律相談を受けた人が一定の条件を満たしている場合は、弁護士費用の立て替え制度を利用することができるのです。この制度を利用して立て替えてもらった費用は後に分割払いで支払うことになります。
借金返済計画@借金返済シミュレーターを使ってみる
http://www.charming-quintadomonte-madeira.com/

借金返済のシミュレーション
借金返済 公式サイトへ:借金返済方法

最新投稿